禁煙治療薬(チャンピックス)を服用する

禁煙というと、当事者が単独で頑張る事というイメージが持たれていますが、実は当事者と同様に周囲の人々の支えも欠かせません。
そのため、禁煙に欠かせない目標を立てるということも、当事者のみが行うのではなく、家族も一緒に参加する必要があります。
当事者と一緒に目標を定めることで、より一層禁煙に対して前向きになるのです。
目標を達成した度に、プレゼントを用意してあげるのも、有効的です。
プレゼントは、高額な商品やサービスである必要はありません。
禁煙に対する姿勢を称えることができれば、安価な物でも良いのです。
そして、禁煙のために家族が行えるのは、気分転換が図れるように、外に連れ出してあげるということもあります。
禁煙をしている本人というのは、ニコチン不足により、イライラしてしまったり、元気を無くしてしまうことがあります。
こういった気持ちになると、つい再度煙草に手が伸びてしまいます。
そのため、煙草の事を忘れることができるような、気分転換を促してあげることが好ましいのです。
実際に、禁煙を成功された方の中には、夫婦で散歩に出かけることが日課になったという方が多いです。
また、声をかけてあげたりして、できるだけ気にかけてあげることも大切です。
タバコをやめるということは、孤独な作業であることは、紛れも無い事実です。
だからこそ、孤独な気持ちにさせないように、一緒に頑張っているということを伝えてあげましょう。
家族全体が、禁煙という一つの目標に対して動いてあげましょう。
加えて、禁断症状が現れても、大目に見てあげる姿勢が大切です。
理不尽な八つ当たりをされることもありますが、時間の経過により落ち着いてきますので、サポートしてあげましょう。

ページの先頭へ戻る